しじみサプリに副作用あるの?心配無用!

しじみサプリの副作用

しじみの効能

 

日本のしじみは約7種類いますが、代表的なのは以下の3種類です。普通の川、池などで取れる「マしじみ」海水が少し混ざっている地域に住む「ヤマトしじみ」もっとも美味しいといわれている琵琶湖の特産「セタしじみ」です。1年中取る事ができますが、真夏の土用しじみと冬の寒い中での寒しじみが特に美味しいとされています。

 

しじみの身は肉量こそ少ないですが、かなり上質なたんぱく質の塊です。体内の血圧を調整する働きをもつタウリンがしじみの中の必須アミノ酸に含まれており、他の必須アミノ酸もバランスよく含まれていることは、良く知られています。心臓病などの原因でもある高血圧の予防になり、血液が凝固し血管を詰まらせる血栓病も防ぐ事ができます。

 

高血圧だけでなく低血圧の人にも良い働きをする事が知られています。しじみは肝臓の機能を助ける食材として知られていて、二日酔いなどの時にはしじみ汁を飲むといった人も多い事でしょう。その効果の成分がオルニチンであると考えられています。

 

しじみは良質のたんぱく質、タウリン、アラニン、ビタミンB12などがオルニチンのほかに含まれています。オルニチン以外の成分は、牛乳やホタテ、イカなどにも含まれていますが、オルニチンだけはしじみだけが多く見られるのです。しじみの栄養分は、ビタミンB1、B2、Dと、鉄分やカルシウムなどのミネラル分、その他タウリンなどです。

 

実際海産物というのは、ミネラル分が多く食材としても取り入れるべきものですが、しじみもまた他の海産物同様に栄養豊富な食材です。しじみのたんぱく質は少量とは言っても、アミノ酸のバランスが良く、チアミン、タウリン、コハク酸が含まれている上質な物になります。

 

その中のコハク酸という成分は、胆汁の分泌を促す役目を持っています。またしじみに含まれるイノシトールという栄養は肝臓に脂肪が付くのを防止してくれるのです。しじみの成分は目に良いといった効能がある事も見逃すわけにはいきませんが、肝臓の解毒作用の促進という面から見ても、主に効果、効能は肝臓に集中しているようです。

 

 

 

しじみが1番取れる時期は

 

私たちは何気なく食生活を送っていますし、毎日の食材にも困った事などない生活を送っています。ですがその食材にも必ず旬というものがあるのです。秋といえばサンマ、冬といえば牡蠣といったように必ず旬の魚貝類があります。

 

現代では漁獲量に対して、それ以上に需要量が多く養殖での食材が多くなりつつあります。そんな中しじみは年中収穫する事が出来るものなのです。ですがしじみも産卵期や収穫の時期によって美味しさが違うので、その時期に合わせて収穫の量を増減している傾向があります。

 

しじみの美味しい時期はというと、1番美味しいのは7〜8月の暑い時期になり、収穫量も最も多くなります。この時期しじみは産卵期にあたり、身が大きくなりプリプリとした食感になります。次に多いのが1〜2月の時期に収穫されるしじみで「寒しじみ」と言われるものです。

 

冷たい水の中で育つため、かなり身のしまったしじみになり、栄養素が凝縮されているようなコクのある旨みを味わえます。ですからお味噌汁などにするなら寒しじみの方がより旨みを感じる事ができるでしょう。以上の特徴をとらえたうえで、より美味しく食べてもらえるようにと収穫時期を考えながらとっているわけです。

 

ちなみに調理をする場合しじみは砂抜きをしてから、1度冷凍保存をすることによって、大量に購入してしまったとしても、質を保つ事が出来ますし、更に冷凍することによって、しじみの中のオルニチンが8割以上増える事が実証されているので、一石二鳥となるわけです。肝臓の解毒作用を行い、働きの負担を軽減するしじみの中のオルニチンですが、漁協も収穫時期は多めにとって、冷凍保存をする方法で販売しているようです。

 

水素水サーバーのメリットとデメリット

 

病院の待合室や、スポーツジムなどでウォーターサーバーを見かけた人は多いと思います。最近注目されている水素水も、ウォーターサーバーとして提供されている商品があります。

 

水素水サーバーの場合は、電機分解方式の物と、マグネシウム反応方式の物とに分けられ、温水と冷水が両方出るタイプ、常温のままのタイプや水道水を使用できるタイプと出来ないタイプに分けられます。

 

種類が豊富な水素水サーバーですが、メリットとデメリットはどのような所にあるのでしょうか。水素水は水素濃度が重要になるものです。上記に書いた水素水サーバーの種類について考えると、マグネシウム反応方式のフィルターを内蔵している水素水サーバーは、0.5ppm以上の水素濃度が期待出来ません。

 

温水、冷水が出るタイプのサーバーは多くの水素が抜けてしまうため、このタイプも水素濃度が期待出来ません。水道水を使用するタイプは濾過が必要になるため、水素濃度は落ちてしまいます。このようなデメリットを考えると、電気分解方式で常温のまま、水道水を使用しないタイプのサーバーが良いという事になります。

 

サーバーは購入とレンタルがありますが、購入となると10万円以上もするため、躊躇する人が多いのですが、月額5000円以下として考えても、2年以上使用すると元が取れるため、購入してしまえばランニングコストを抑えることができます。水素水サーバーは機械ですから、メンテナンスが必要になりますし、サーバーを置く場所も必要となります。

 

そして使用経過と共に製品劣化は避けることが出来ませんので、若干水素量が減少していく傾向にあります。これが水素水サーバーのデメリットとなります。水素水サーバーに限らず通常のウォーターサーバーであれば同じようなデメリットがあります。どんなに優れた商品であっても、メリットもあればデメリットもあるのです。

 

ただし多くのメリットもあります。

 

○水素水サーバーは手軽に水素水を飲むことが出来るので、飲みたい時に必要な分だけ飲むことが出来る。
○水素水を使用して、料理をする事も可能。
○サーバーがそばにあるので、長く続けられること。

 

私達の生活に水は欠かせない物です。もちろんメリット、デメリットはありますが、手軽に美味しい水素水を取り入れて健康的な毎日を心がけてみてはいかがでしょうか。

 

手軽さはサプリのメリット!こちらのサイトを参考に:水素サプリメントの副作用とは?

 

肝臓にいい食べ物は危険

 

健康を維持するためには、良い生活習慣を維持する事にありますが、肝臓への気配りの重要な点は健康な人と、肝臓病を持っている人とでは全く違うので注意が必要です。健康な人はメタボリックにならない事を心がけた生活習慣をすることです。

 

バランスの良い食事を、腹八分目で終えるように心がけて、3食きちんとした時間で食べるようにします。ストレス発散にもなるので、運動は少しでも心がけ、健康診断を毎年受けるようにします。健康診断は毎年受けることで、1年の自分を振返る事ができ、良かった点や悪かった点なども出しやすくなるでしょう。

 

脂肪肝と診断を出されたら、摂取する栄養素に注意しましょう。たんぱく質や脂肪、ビタミン、ミネラルなどが必要になります。たんぱく質は肝臓の代謝や解毒に必要な栄養素で、破壊された肝細胞の修復にも使用されるので、不足すると肝機能に直結し、細胞の破壊にも繋がってしまいます。

 

たんぱく質というと皆さん肉類と考えやすいようですが、肉には飽和脂肪酸やコレステロールが多いため、魚や大豆製品(植物性たんぱく質)を取るように気をつけましょう。肝機能を高めてくれる事が知られているタウリンは、貝類やイカ、タコなどにおおく、中性脂肪を減らすEPA、DHAを多く含む青魚や、しじみ サプリも多く取るよう心がけましょう。

 

脂肪は控えたい所ですが、使用する場合植物油を使うようにすると良いでしょう。その他のビタミンやミネラルもバランス良く取る事が代謝を良くし、肝臓を助ける働きをする事に繋がります。

 

慢性肝炎や肝硬変と診断された人は常に新しい知識を入手する事が重要です。肝臓の病気の常識は、間違いや誤解が多く、今でも勘違いしている人は少なくありません。

 

従来の食事療法では、高たんぱく、高カロリーとされてきましたが、現在に至っては、栄養バランスの良い、適正なカロリーの食事とされていて、脂肪肝や生活習慣病の合併を防ぐという事も含まれているようです。肝臓病になってからの場合、肝臓に良いと言われているしじみやレバーなどは摂取に注意が必要になってきます。

 

なぜなら上記の食材は鉄分が多く、肝機能障害を起こしやすくなるからです。今までは肝臓病になったら安静にと言われてきましたが、肥満解消のため運動は必要で、自分のできる範囲で運動をして、筋肉を増やす努力をしましょう。

 

更新履歴

メニュー